GP遅報

F2遅報 'Road to F1'

Formula2関連の情報を紹介・翻訳

MENU

Trident編 2021年シーズン F2プレビュー その11

Formula Scout に2021年シーズンのプレビューが掲載された。この記事を引用し、各チームごとの2021年の展望を見ていきたい。第11回目はTrident。日本人ドライバーの佐藤万璃音が残留し、スーパーライセンス獲得を目指した戦いを続ける。

Trident

f:id:GP-AtoF:20210326122730j:plain

Twitter:@trident_team

「トライデントはHWAと並んで、2020年に表彰台の無かった2チームのうちの1つであり最下位に沈んだ。スプリントレースが増える2021年にはこの状況を打開する機会をもたらすだろう。1名のドライバーは残留する一方で、もう片方のフルエントリーするマシンの占有者には疑問符が付く。プレシーズンのテストがこのチームが上昇する手堅い証拠とはならないが、最後方に再び沈むようには見えない」

 

そもそもトライデントが苦戦していない年は存在しない。F2に名称が変わってからはそれがより顕著で、最下位を脱出できた試しはない。ハイテックによるエントリーが2台増えた事で、ポイント圏からは更に遠ざかり6ポイントのみの結果に終わったのも特に驚きもなければ疑問もない。しかしながらプレシーズンテストでは好調であり、ようやく浮上のきっかけを掴める前兆はある。過去にはドライバーランキング5位が最高到達点であり、チームメンバーの佐藤にはそれと同じ成績がスーパーライセンス獲得に必要である。F2で初めての勝利(または表彰台)を獲得できれば、佐藤はチームの歴史に名を残す事になる。

24. Bent Viscaal(ベント・フュシュカーウ)

f:id:GP-AtoF:20210326122541j:plain

Twitter:@trident_team

Netherlands, 21
2020: 13th in FIA F3

FIA F3優勝経験者でEFOでシリーズ2位を獲得しているフュシュカーウは、バーレーンでのレースに出場予定だ。しかしモナコとそれ以降のエントリーについては、現在スポンサーを探している最中である。トライデントが2020年に苦戦したにも関わらず、彼はいい仕事ができると自信を持っている。それはあり得そうもない。しかしながらテストでは速かった。もし彼がシートを確保できなかった場合は、F3でトライデントに所属する選手が引き上げられるだろう」

 

F4時代にはルンガーに歯が立たず、EFOではドゥルゴビッチに叩きのめされての2位。その後のFIA F3でMP Mortorportから1度の優勝を含む2回の表彰台を獲得。基本的な速さは持っているが、同世代のライバル達と比べると見劣りしてしまう印象は否めない。プレシーズンテストの速さが本物であれば、巻き返しのチャンスは今ここにある。


25. Marino Sato(佐藤万璃音)

f:id:GP-AtoF:20210326122746j:plain

Twitter:@trident_team

Japan, 21
2020: 22nd in F2

「佐藤は2年前のEFOでライバル達を叩きのめしたが、これまでのF2では大苦戦を強いられている。数多くのインシデントが発生したムジェロのスプリントレースで、唯一となる1ポイントの獲得にとどまるからだ。フルシーズンをシートベルトのもとで、そして再びトライデントで戦う事になる。これはピレリのF2タイヤで楽に走れる事を意味しているが、2つのタイヤコンパウンドは再び変更となっている」

 

トライデントでなければ。そういった実況コメントが頻出した昨季であったが、今年佐藤が選んだチームは再びこのトライデントであった。MP Motorsportを始め、獲得可能なシートは他にも実際に存在していたようであるが。プレシーズンテストのペースが必ずしもレース順位を暗示するものではないものの、開幕戦の戦績次第ではシリーズランキングを掻き回す可能性は十分にある。F2における2年目のシーズンというだけではなく、昨シーズン終了後に角田と共に参加したF1テストではヤス・マリーナで127周をを走破。こうした経験はF2において貴重な武器となるだろう。

これまでのチーム成績から見ればシーズン5位は難儀な目標であるが、そのスペクタクルを見れる事がこのシリーズの魅力であり本質でもある。