GP遅報

F2遅報 'Road to F1'

Formula2関連の情報を紹介・翻訳

MENU

なぜ角田裕毅なのか

角田がF1シート喪失危機とか真面目に言ってんのかって

Formula 2 チーム解説

F2はヨーロッパを中心としたレースチームで構成される。それぞれが独立したチームであり、ほとんどのF1ドライバーがこれらチームを経由する。

Rd.3 レース3ドライバーレポート F2@バクー

ヴィップスが前日に続く優勝。ピアストリが周を射程に捉え、シュワルツマンが反撃の狼煙を上げる。

Rd.3 レース2ドライバーレポート F2@バクー

ヴィップスがF2初優勝。フィーチャーレースに弾みをつける。ティクタムがまたしても見せ場を作った。

Rd.3 レース1 F2@バクー

レース1はティクタムがオーバーテイクを連発。シュワルツマンが今シーズン初優勝を挙げ、周がシリーズポイントで差を大きく広げる表彰台を獲得。

Rd.3 フリー走行 / 予選 F2@バクー

2021年F2 Rd.3 バクー。ピアストリとプルシェールのルーキー2名が周を猛追。モナコの勢いは続くのか。

Rd.3 プレビュー F2@アゼルバイジャン

これまでの流れとアゼルバイジャンの見どころ

Formula2 とは?

F2とはなんぞや?F2までの移り変わりや存在意義。

ルーキートップの順位を獲得。リチャード・フェシュフォー。 Rd.1 F2@バーレーン

ピアストリでもプルシェールでもローソンでもない。リチャード・フルショールがルーキー勢でトップとなるタイムを予選で刻んだ。以下F2公式を翻訳。

Rd.1 予選 F2@バーレーン

2021年F2 Rd.1 バーレーン。周冠宇が劇的なポールポジションを確定。タイトル獲得への思いをぶつけた。

2021年シーズン F2プレビュー

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第一回目はプレマ・レーシング。

Trident編 2021年シーズン F2プレビュー その11

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第11回目はTrident。引き続き佐藤万璃音が出走する。

HWA Racelab編 2021年シーズン F2プレビュー その10

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第10回目はHWA Racelab。Ardenのエントリーを引き継ぐ2年目は新人2人をシートに座らせる。下位からの脱出はまだ望めそうにない。

Campos編 2021年シーズン F2プレビュー その9

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第9回目はCampos。今年1月にエイドリアン・カンポスが急逝。その置き土産のペテコフに注目が集まる。

DAMS編 2021年シーズン F2プレビュー その8

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第8回目はDAMS。FDAのアームストロングが加入。復活を狙う。

Charouz Racing System編 2021年シーズン F2プレビュー その7

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第7回目はCharouz。今季は注目株のベックマンが出走する。

MP Motrosport編 2021年シーズン F2プレビュー その6

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第6回目はMP Motorsport。ドゥルゴビッチが予想外の活躍を見せた昨季の勢いを維持できるのか。

ART編 2021年シーズン F2プレビュー その5

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第5回目は復活を狙うART GP。ルンガーに加え、天才プルシェールを擁し返り咲きを狙う

ハイテック編 2021年シーズン F2プレビュー その4

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第4回目はレッドブルカラーに染まったハイテック。

カーリン編 2021年シーズン F2プレビュー その3

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第3回目はティクタムとダルバラが所するカーリン。

ヴィロトゥオシ編 2021年シーズン F2プレビュー その2

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第2回目は周とドゥルゴビッチが所属するヴィロトゥオシ。

プレマ編 2021年シーズン F2プレビュー その1

ついに開幕する2021年 FIA F2 選手権。そのシーズンプレビュー。第一回目はプレマ・レーシング。

F1ドライバーを指導する男

He made the best even better.

欧米と日本のフォーミュラ

日本におけるフォーミュラの人気が下火になってからは久しい。日欧の違いからその原因を探る。

周冠宇 インタビュー F3アジア 総合優勝

F3アジアで初のタイトルを獲得した周冠宇。これが今年意味する事とは。

〇〇育成 と ペイドライバー

F1ドライバーになるには?アカデミーに所属すると偉いの?そんな恒常的な疑問に答える。

2021年 F3アジア 総評

レース2終了時点で周がショベールを僅か1ポイント差で逆転。最終レースで先着した選手がタイトルを獲得するドラマとなった今季のF3アジア。ついに決着。

FREC王者 ペテコフ F2出場の経緯

エイドリアン・カンポスの遺産

リース・ウシジマ from FUKUOKA

アメリカ生まれ福岡育ち。15歳で単身イギリスに渡った牛島選手の今とこれから。

F3アジア - 第4ラウンド レース3結果 と 最終ラウンド配信予定

ショベールがタイトル争いに大手をかけた。周と岩佐はフロントローでダブルストール。安定のニッサニー他